子供たちを一足先に日本へ送り込み、私自身も来週日本へ向かうということもあり、最近は毎日日本のことで頭がいっぱい。子供たちに関することのやりとりも多いし、私自身の旅の準備もあり、とーっても充実した毎日!こんなのが1年続けばいいな、と思うのですが、子供たちをずっと日本に送り込んだままだと困るし、日本は一時的に滞在するからこそ特別なのですよね。実際住んだら、絶対満員電車の愚痴とかこぼしてるはず・・・。

 

そんな日本ムード満載の私がここ最近、日本人の優しさは特別だなと思った出来事がいくつかあったので、今日はそちらをサクッとご紹介します。

 

 

子供たちの近況報告を毎日してくれるママ友たち

 

子供たちの体験入学も3年目なので、近所によいお友達が何人かできました。去年は最後のほうに私自身もお友達のお宅にご挨拶に行ったりしたので、そこで持ち前の図々しさを発揮して、連絡先を交換しました。アメリカに戻ってからも、特に子供たちは頻繁にLINEのメッセージをやりとりし、私もたまに便乗してお母様とお話しさせていただいたりしていたんです。

 

そして今回子供たちだけを異国(日本だけど)に送り込んでさぞかし心配でしょう、とのことで、子供たちの近況を毎日ママ友たちが報告してくれています。毎日のようにお宅に呼んでもらって、週末まで家族のお出かけに便乗させてもらって、おかげさまで子供たちは親を恋しがることなく、楽しい毎日を過ごしていました。写真も毎日のように送ってもらったり。

 

それだけでなく、次女のほうのママ友が長女が泣くほど嫌がっているプールを偵察に行ってくれたり、帰りみち誰と一緒なのかこそっと写真を取りに行ったり、ストーカー、失礼、親切すぎる対応で、泣けてきますね。

 

スポンサーリンク

 

体験入学を快く思わない親御さんもいる、と聞いたことがありますが、もしかしたら私の周りにもいるのかもしれないけれど、幸運なことに私が認知する限り、超〜いいご両親にしかお会いしたことがありません。

 

人をつなげるのが天才な友人

 

ご存知、今年は沖縄への旅行を決行しました。せっかく行くのだから美味しいレストランなどの情報が欲しいと思い、仲良しの沖縄出身アメリカ在住の友人に電話をしてみました。そしたら「紹介したい人がいる!彼女がいろいろ案内してくれるよ!」と言ってくれました。いやいやいやいや、わざわざ時間をさいてもらうのは申し訳ないから、お店だけ教えてよ、と言っても聞かない彼女。

 

結局、彼女の良い友人を何人か紹介してくれたのだけど、私と私の家族のことを紹介するのに、簡単な私の紹介を書いたエッセイみたいなのと、私と彼女の家族が何度か集まるたびに一緒に撮った写真でフォトアルバムみたいなのを作って、紹介してくれていました。なんか私すごいえらい人みたい?と冗談で言ったら、「そうそう、たももは私の中ですごい人だよ!だからそうやって言っておいたからね!」と笑顔な彼女。いやいや、っていうか、それ冗談で言ってんだからね、それ?

 

ここまでして私のことを考えて言葉にして伝えてくれて、なんとか彼女の友達とつなげようとしてくれる彼女こそすごいなぁと思いませんか?

 

定休日を返上する沖縄の居酒屋ご主人

 

そんなふうにして前述の彼女が紹介してくれたうちのひとりが、沖縄で居酒屋を経営する女主人でした。どうやらいろいろなコネがあったりしてすごい人と聞いていましたが、LINEで話した感じではそんな雰囲気を見せない優しそうな方でした。彼女のお店で夜ご飯を食べようと予約をお願いしたのですが、なんと私たちが都合のつく夜が定休日。ガビーン。ああ、こんなまでしてつなげてもらったのに・・・。

 

優しいおこない 友達

 

と落ち込んでいたら、私たちにぜひご馳走したいので、その定休日にきてください、とのこと。私たちのためにわざわざお店を開けてくれるそうです。え、え〜?!こんな有名人気店が、私たち平民のためにそこまでしていいの??

 

○○(私の友達のこと)のお友達なんだから、きっとすばらしい人なのでしょう。ぜひ私もお会いしたいもの。と言われ、恐縮してしまいました。ど、どうしよう、私全然すばらしくないんだけど。

 

わざわざ遠くから来る私たちのために休み返上で出迎えてくれる、はっきり言ってほぼ他人って、考えてみるとなかなかないことだと思いませんか?それが沖縄風なのかねぇ?なんて別の友人は感動していましたが、どの地域であれ、真似できないほどすばらしい人たちはいるんだな、と泣きそうになりました。

 

まとめ

 

こういう素敵な人たちに出会うたびに、私もこうやって周りにほっこりしてもらえるよう、自分勝手に自分と自分の家族だけを中心に考えるのはやめようと、よい戒めになります。最近、人に何かをしてあげたのっていつだろう?おとといくらいに、バス待ってるときに、前にいた人のワンピースがかわいいって褒めてあげたことくらいかな。・・・ってそれはただの感想述べただけか。

 

英語で go the extra mile という表現があります。一層頑張る、みたいな意味なのですが、ここに挙げた私が出会った人たちは、する必要のない親切な行いを私にするために、go the extra mile、さらなる努力をしてくれました。ほんとありがたい。

 

私も感動するだけでなくて、これをきっかけに心を入れ替えて、周りを幸せな空気に包むことができるように、注意を払って行こうと強く思いました。

 

スポンサーリンク